「少女A」は明菜の「A」だと捉え、当初やんちゃなイメージで歌う事を拒否した!「少女A」中森明菜


「少女A」中森明菜
1982年7月28日リリース

中森明菜さんは、1981年のオーディション番組の「スター誕生!」本選で山口百恵さんの「夢先案内人」を歌い、史上最高得点となる392点で合格。翌年にシングル「スローモーション」でデビューを果たします。

作詞「来生えつこ」さん、作曲「来生たかお」さんによる楽曲の評価は高かったものの、最高位30位に終わり、当時の花形番組「ザ・ベストテン」にも出演はできず、2作目の巻き返しが課題となりました。

そこで、プロデューサーは、多くの作詞家や作曲家からコンペ形式で楽曲を募し、その中からセカンドシングルを選ぶ事に。そこで選ばれたのが、まだ作詞家になって1年の売野雅勇さんが書いた「少女A」の歌詞だったのです。

当時は、松田聖子さんの「ブリッ子」に対し、中森明菜さんの「ツッパリ」イメージが、対極としてありました。

広告代理店出身の売野さんは、中森明菜さんのイメージを山口百恵さんと重ねツッパリをイメージさせる曲、『プレイバックPart2』などを研究。「バカにしないでよ」のように、捨てゼリフが決め手な事を発見します。「私は私よ 関係ないわ」とか「特別じゃない どこにもいるわ」など、言い放つ台詞を歌詞として並べ、サビも「ねえあなた、ねえあなた」だったものを、もっと強い『じれったい、じれったい』に変えました。

こうして、デビュー曲とは正反対の、攻撃的な曲が完成したのです。

ところが問題が起きます。明菜さんが、この曲を歌うことを、頑なに拒否したのです。

「少女A」というのは、反抗期の少女の総称だったのですが、本人は明菜の「A」だと捉え、自分の隠していたやんちゃな一面を、全面的にカミングアウトしてしまう歌だと思いこんだのです。

それほど、隠していた自分のイメージと、ピッタリで、「なぜ、こんなに調べ上げて書いたのか」と、抗議したほどだったそうです。

しかしリリースすると、少女達の共感を呼び、40万枚を超える大ヒット!中森明菜というアイドル像を表す、代表曲となりました。

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー