飲食店でバイト時代に良く聞いていたよく聞いていた言葉から曲が!「メモリーグラス」堀江淳


「メモリーグラス」堀江淳
1981年4月2日リリース

堀江産の父親は映画館の支配人をしていて、家は映画館の隣りにありました。映画「ニュー・シネマ・パラダイス」のような環境で暮らしていたため、毎日のように映画館にもぐりこみ、映画を観ていました。そこで好きになったのが、加山雄三さんの「若大将シリーズ」。映画きっかけで、歌が好きになりました。
ギターをはじめたのは、中学生の時。最初は、加山雄三さんや、当時流行っていたフォークソングをカバーしていたのですが、そのうちに自分で、作詞作曲するように。

高校卒業後、本格的に音楽活動をはじめ、札幌のライブハウスを中心に活動。そんな時に、ソニーがアーティストを発掘する「第1回SDオーディション」を、開催する事を知り、応募。ハウンド・ドッグ、村下孝蔵さん、五十嵐浩晃さんと共に合格し、プロの歌手の扉を開く事となりました。

ただし、すぐにデビューとは行きませんでした。この4組の中では、一番遅いデビュー。なかなかデビューの話しが決まらず、お酒を提供する飲食店などで働きながら、曲作りをする日々。そんなある日、交差点で信号待ちをしていると、頭の中にある言葉が、ふっと降りてきました。それは、飲食店で働いている時に、よく聞いていた「水割りをください」という言葉。

そして、すぐに「水割りをください。涙の数だけ」というフレーズとメロディーが出来上がり、曲のストーリーがひらめきました。こうして、この曲でデビューする事に。

当初は、もっとキーの低い曲だったのですが、レコーディングの時、ディレクターから、自分の一番高いキーで歌うように指示されます。それは、中性的だった堀江さんの顔立ちを生かす演出でした。この狙いが当たり、中性的な容姿と声も話題になり、デビューシングルは70万枚の大ヒットを記録したのでした。

この歌の大ヒットで、堀江淳といえば「水割り」というイメージが出来上がりましたが、本人は水割りは苦手で、お酒を飲むとしたら、お湯割りだそうです。自分のブログのタイトルも、「お湯割りをください」となっています。

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー