休業中の宇多田ヒカルにエールを贈るように椎名林檎がカバー!「traveling」宇多田ヒカル


「traveling」宇多田ヒカル
2001年11月28日リリース

2014年の5月、横浜大さん橋ホールで行われていた、椎名林檎さんのコンサート、MCで、椎名林檎さんは、こう切り出しました。

「最近、私が嬉しかったことは、ヒカルちゃんの御結婚です。“EMIガールズ”の相方、宇多田ヒカル嬢が結婚しました。このやり場のない胸の高鳴りを、今ここで共有させていただけませんか?」と会場に語りかけると、宇多田ヒカルさんの「Traveling」を歌ったのです。

椎名林檎さんのファン達が、この事をツイッターで宇多田ヒカルさんに報告。すると、彼女はツイッターで、「お〜!なんて素敵なことをしてくれるんだ!林檎ちゃんにはご祝儀まで頂いちゃって…ありがたや。」と、つぶやきました。

宇多田ヒカルさんと、椎名林檎さんは、所属レコード会社、東芝EMIの同期。
1999年の「東芝EMI」の新人お披露目イベントに、「私たち、東芝EMIガールズでーす!」と、2人揃って登場すると、カーペンターズの「I Won’t Last A Day Without You」を、ピアノだけの演奏で、2人で歌い上げました。以来、仲が良く、何かある度に、互いにエールを送り合っていた2人。宇多田ヒカルさんが、アーティスト活動を休み、人間活動に専念している間も、「ヒカルちゃんと、ライブがしたい」と、何度も発信してきました。そして、結婚の報告を聞いて送ったメッセージが、「元気が出る曲」というコンセプトで、宇多田ヒカルさんが作った「Travelling」をカバーする事でした。

それに対し、宇多田さんは「東芝EMIガールズ、いつか再結成したいです!」と、音楽活動の再開を匂わせるような、ツイートをしました。さらに、今年1月には、こんなツイートを。「正月から熱心に作曲中」宇多田ヒカルさんの休業中、椎名林檎さんが送り続けたエール。もしかしたら、それが宇多田ヒカルさんの心を、動かしたのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー