デビュー前は、5人中3人がジャニーズを辞めたいと思っていた!「A・RA・SHI」嵐


「A・RA・SHI」嵐
1999年11月3日リリース

この曲は、嵐のデビュー曲です。

グループが結成される、きっかけは「松本潤さんと二宮和也さんが、バレーボールを練習する年上ジャニーズJr.に混じって練習した時、2人だけがラリーを続けられた時、ジャニーさんに「YOUたちすごい。めっちゃめちゃうまいじゃん!1999年にワールドカップバレーのイメージキャラクターまたやるからYOUたちやればいいじゃん!」って言われました。

こうして、ワールドカップのイメージキャラクターに選ばれたのですが、そこに櫻井翔さんを加えて、3人でキャンペーンソングのレコーディングをする事に。

ところが途中でて、歌がうまい大野さんをいれようということに。でも、大野さんにも声がかかったのですが、実は、イラストレーターやアートな世界に進みたいと事務所に引退を申し出ていました。なのにデビューそうになり、事務所からの連絡になるべく出ないようにしていました。

のちに、本人達がインタビューで明かしていますが、デビュー直前のこの時期、メンバーの5人中3人は、ジャニーズ事務所を辞めて、違う道に進もうと思っていたそうです。

櫻井翔さんは、大学に進学し、学業に専念したいと考えていました。二宮和也さんは、監督など、映画製作の勉強をしたいと思い、アメリカ留学を考え、お金も貯めて、準備をしていました。

そんな時に持ち上がったのが、嵐結成の話。

「バレーボールワールドカップ」のイメージキャラクターとなる為に、結成されるグループで、本人達は、ワールドカップが終わったら解散する期間限定ユニットだと思っていました。

だったら、事務所を退所する前に、お世話になった恩返しとして、このユニットで活動し、終わったら違う道に進もうとグループでのレッスンを開始しました。

4人で練習している時に、二宮さんがジャニー喜多川社長から呼び止められ「YOU、相葉とずっと一緒にやってるのに入れてあげなきゃかわいそうじゃん」と言われました。ジュニア時代に2人とも総武線を使って通っていたことによって、一緒にいる事が多く、総武線コンビと呼ばれていたのです。

その後、相葉さんは、ジャニーさんから「YOU、パスポートを持っているか?」と電話で聞かれ、急遽、ハワイに連れていってもらう事に。

5人が嵐を結成すると知ったのは、ハワイでの記者会見の全日。夕飯の席でジャニーさんが突然、『YOUたち、明日から嵐だから』と告げられました。そして、記者会見は、ハワイに記者を集めクルーザーの上で行うという、ド派手な物でした。ちょっとのつもりで、スタートしたのに、どんどん話が大きくなって行きました。

デビューシングルリリースの日は、それを記念し、代々木で第一体育館の敷地内で、握手会が行われる事になりました。メンバーは、朝早くに、事務所の車で会場入り。しかし、そこで驚くべき光景を見ることになるのです。

会場には、すでに多くのファンが集まり長蛇の列!8万人が集結していました。それまでは、事務所に言われるままに、動いていたのですが、こんな多くのファンに支えられているなら、本気でやらないと失礼にあたると、みんなのスイッチが入りました。

そして、8万人のファン全員と握手!嵐が本当の意味で、スタートを切った瞬間でした。

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー