布袋寅泰のギターを弾きながら、氷室京介のような歌は歌えない。一度BOØWYの布袋のイメージを壊して再構築!「POISON」布袋寅泰


「POISON」布袋寅泰
1995年1月25日リリース

1981年、BOØWYのギタリストとしてデビュー。
1988年4月にBOØWYを解散した後に、
10月にアルバム『GUITARHYTHM』をリリースし、
ソロデビューした布袋寅泰さん。

「なかなかわかってもらえないけど」と前置きしたうえで、こう語っています。
多くのファンは、BOØWYの延長上であるサウンドを求めて来るだろう。
しかし、布袋寅泰のギターを弾きながら、氷室京介のような歌は歌えない。

ギタリストとしてギターに専念出来るから
早弾きをはじめとした、布袋のギターサウンドが生まれる訳で、
全編早弾きをしながら、歌えというのは曲芸に近い。
だから、BOØWYの延長上のサウンドを求められても、出来ない。

そこで、アルバム制作を通じながら、
BOØWYではなく、新たに布袋寅泰のサウンドを確立する、
『GUITARHYTHM』という、プロジェクトをスタートさせました。

合計4枚目のアルバムをリリースするのですが、
一枚目の『GUITARHYTHM』は、イメージの打破がテーマ。
コンピューターを大胆に取り入れながら、
BOØWYとは違うデジタルサウンドで、全編、英語詞。

二枚目の『GUITARHYTHM II』は、自分の中の放出。
その頃に傾倒していた、シュールレアリズムの影響を色濃く出し、
自分の中にある幻想的な部分を、映し出しました。

三枚目の『GUITARHYTHM III』は、ライブを意識したアルバム。
2枚のアルバムをひっさげてのツアーを行ううちに、
もっと観客との距離感を縮められる曲が欲しくなったのです。

そして、『GUITARHYTHM』シリーズの最後となる、
4枚目の『GUITARHYTHM IV』のテーマは、バンドサウンド。
イメージを打破しながら曲を作ってきましたが、やはりライブが大切で、
今なら、BOØWYとは違う、バンドサウンドが作れるだろうという結論に。

そして、新たな自分のサウンドが確立した事で、この1枚で、
『GUITARHYTHM』というプロジェクトを終了する事にしました。
そこで、この4枚のアルバム作りの集大成として、
シリーズ「最強・最後のシングル」として、この曲をリリースしたのです。

BOØWYというイメージからの、脱却。
悩み、もがきながらも、納得出来る新たなスタイルを確立出来た事で、
ここからは、自由に突き進む事が出来るようになったそうです。

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー