けんか腰のFukaseの言葉に、Saoriが歌詞を書いてみせた!「Hey Ho」SEKAI NO OWARI


「Hey Ho」SEKAI NO OWARI
2016年10月5日リリース

「Hey Ho」は動物殺処分ゼロプロジェクト「ブレーメン」の支援シングルとしてリリースされた作品です。

困難な問題に立ち向かいというコンセプトから、Fukaseさんは、最初は、嵐の中を船で進むという歌詞を書いていたのですが、Saoriさんからダメ出しが入りました。

4人はLINEで、会議しているのですが、「支援シングルで、この詞だと伝わらないんじゃない!?」というSaoriさんの発言に「じゃあ、お前が先に書けよ!」と、けんか腰のFukaseさん。

売り言葉に買い言葉で先に詞を書いたSaoriさんの詞が良くて、Fukaseさんは、それにインスパイアされて、歌詞を書き上げました。

SEKAI NO OWARIには、小中学生のファンも多くいます。命の大切さ、殺処分といいう題材を直接取り上げるとセカオワのファンタジーな曲を楽しみにしている小さな子供達のファンは戸惑ってしまうのではないか?

支援ソングという事を前面に出しすぎると、「買わなきゃいけないんじゃないか」「買わない自分はダメなんじゃないか」と、思わせてしまうのではないか?

またボランティアをすると偽善だと言われる事も踏まえ、人にこういう活動に参加して欲しいと訴えるのではなく、なぜにこの活動をするのか、自問自答する歌にする事にしました。

そのような葛藤があり、「嵐の中を船で進む」というど真ん中の歌詞から後退し、「これから冒険の旅に出る」という、スタートラインに立つという意思表示の歌にする事にしました。

なので、冒険をイメージさせる勇ましいところもあれば、ちょっとコミカルなサウンドも入れて、ファンタジーを演出しました。

こうして、第一歩を歩み始めたのです。

このシングルの、2017年3月末までの収益金は、動物殺処分ゼロ活動をしている認定NPO 法人ピースウィンズ・ジャパンに対して寄付されます。

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー