奥田民生「イージュー★ライダー」もっとカッコいいタイトルにすれば良かった

もっとカッコいいタイトルにすれば良かったと少し後悔!
「イージュー★ライダー」奥田民生
1996年6月21日リリース

UNICORNの解散後、音楽活動からしばらく離れ、ひたすら趣味の釣りに没頭していた、奥田民生さんですが、釣りで、釣る為の試行錯誤をするうちに、この感じ、曲作りに似ていると思うようになり、試しに曲作りを始めました。

こうして作られ、ヒットしたのがソロデビューシングルの「愛のために」。

奥田民生さんは、曲作りの面白さを思い出し、他の人への、楽曲提供もしたくなりました。そして、プロデュースする事になったのが、PUFFYです。

井上陽水さんが作詞を担当し、奥田民生さんが作曲、プロデュースで、PUFFYは、「アジアの純真」でメジャーデビュー。ラフな服装で歌い「自然体」「脱力系」と言われ、一躍人気となります。

そんなプロデュースをする一方で、奥田民生さんも自分のための曲作りを行っていました。

PUFFY同様に、力まず、気ままに行こうよというムードをかもしだした曲を作っていました。それが、イージューライダーです。

イージューとは、業界用語で30の事。音楽業界では、数を数える時に、1、2、3、4の事を、音楽コードに変換し、C(ツェー)、D(デー)、E(イー)、F(エフ)と読み10の事は「ツエージュー」、20は「デージュー」、30の事は「イージュー」と言います

つまり「イージューライダー」の「イージュー」とは、30の事で、奥田民生さんが、30才の時に、作った曲です。

PUFFYのデビュー前日に、31才になってしまいましたが、30才になった男達の気持ちを代弁するように、映画「イージーライダー」に引っかけて、いくつになっても、自由に、気ままに行こうと歌う、同世代への応援歌を作ったのでした。

当時は、人を食ったようなタイトルをつけたかった奥田民生さんですが、今になると自分でも名曲に思え、もっとカッコいいタイトルにすれば良かったと、少し後悔しているそうです

【カバー】

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー