奥田民生「愛のために」ユニコーンのメンバーを呼び戻してレコーディング

解散したユニコーンのメンバーを呼び戻して初ソロをレコーディング
「愛のために」奥田民生
1994年10月21日リリース

奥田民生さんが所属していたUNICORNは、メンバーが持ち寄ったデモテープを元に、みんなで意見を出し合い、曲作りをしていくスタイルでした。

ところが、徐々に自分の音楽性を通したいという意識が強くなり、意見を曲げる事が出来ずに、次第にギクシャクするように。そして、ついにドラムの川西さんが脱退をしてしまいます。核となる、川西さんのドラムが無くなった事で、音作りも、しっくり行かなくなり、このままUNICORNとしてのバンド活動を続ける事は出来ないと、解散を決めました。

解散ライブをしてはどうか?という回りの意見もありましたが、この状態でライブは出来ないと拒否し、ラジオで解散を発表するという、異例の発表となりました。

奥田民生さんは、解散後は音楽活動からはなれ、楽器を持つこともなく、ひたすら趣味の釣りに没頭しました。

釣りをしながら、どうやったら釣れるんだろうという事を考えているうちに、アイディアの出し方が、曲作りに似ているなあと思うようになり、だったら、一曲作ってみるかと、曲作りを始めました。

UNICORN時代は、みんなでアイディアを出し合って作るスタイルでしたが、今度は、全部自分で考えなければいけません。

色々とアイディアを出すうちに、次第に熱中していきました。そのうちに欲が出てきて、ソロ第一弾なんだから、いい物を作りたいと3曲分のアイディアを出し、いいところを取り、一つにまとめて作り上げたのが、「愛のために」だったのです。

そして、この曲には、あるこだわりも込められていました。「この曲のドラムの音は、川西じゃなければダメ」と、脱退して、違うバンドをやっていた川西さんを呼び戻し、ドラムを叩いてもらう事にしたのです。

完成した「愛のために」は、ソロ第一弾シングルにして、ミリオンセラーを達成。こうして曲作りの意欲を取り戻した奥田民生さんは、PUFFYなど、他のアーティストにも楽曲提供するようになったのでした。

【カバー】

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー