デモテープに感激し1年の休養を半年で切り上げ復帰した曲!「PRIDE」今井美樹

41cytydfejl
「PRIDE」今井美樹
1996年11月4日リリース

モデルや女優など、いろんな道を通ったうえで、念願の歌手デビュー。そして、歌手としてデビューして5年目に「PIECE OF MY WISH」で初のチャート1位と、ミリオンセラーを達成した今井美樹さん。

この頃から、彼女は、歌手に重点を置いた活動をするようになります。でもその活動は、それと同時に、自分を追い込む事になりました。

多くのアーティストがそうであったように、大きなヒット曲を持つ歌手は、そればかりを求められるようになります。新たな自分を発信しようとしても、求められるのは、おなじみの曲。今井美樹さんの場合は、どこへ行っても「PIECE OF MY WISH」。

どこかで充電しないと、もう、新しい自分を発信出来ない。95年に、アルバム『Love of My Life』リリースと共に行った全国ライブツアー終了後、彼女は1年間の休養を取ることを決めます。長年、走り続けてきた自分を、リフレッシュするための休養でした。

ところが、休養に入ってすぐ、フジテレビから、ドラマの主題歌提供の話が、舞い込んできました。レコード会社の担当プロデューサーは、今井美樹さんの楽曲作りに携わっていた、布袋寅泰さんに曲作りを依頼します。彼女抜きで、曲作りが始まったのです。

約3年前から、彼女の曲を作ってくれていた布袋さん。この時、ドラマの内容も、こんな風に欲しいというオーダーもなかったのに、彼女の事を思い描いた曲を、書き下ろしてきました。

それが、「PRIDE」

当時、今井美樹さんは休養中でしたが、完成したデモテープを聞きくと、感激し、ボロボロと、涙を流し続けたそうです。そして、本来、一年の休養を取る予定でしたが、わずか半年で休養を切り上げ、布袋さんが滞在していたロンドンに向い、現地でレコーディングを行います。

フジテレビ系ドラマ『ドク』の主題歌として起用された、今井美樹12枚目のシングル「PRIDE」は、発売から約半年近くもセールスチャートにランクインし続け、チャート最高位1位、約162万枚の売上を記録するヒット曲となりました。

彼女の20代を代表する曲が「Piece Of My wish」ならば、30代を代表するヒット曲は間違いなく「PRIDE」でしょう。

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー