実はシングルになるまで8年かかった!「I LOVE YOU 」尾崎豊

418qcfi49l
「I LOVE YOU 」尾崎豊
1991年3月21日シングルリリース

尾崎豊のファースト・アルバム「十七歳の地図 – SEVENTEEN’S MAP」その3曲目に収録されていたのが、この曲です。

ドラマの主題歌やCMソングとして何度も使われ、もう、知らない人がいないであろう、名曲、I LOVE YOU。宇多田ヒカルさんや中島美嘉さんなど、数々のアーティストにもカバーされていますよね。

この曲が生まれたのは、プロデューサーの一言がきっかけでした。

デビューアルバム「十七歳の地図」のレコーディングが始まったのは、1993年7月、尾崎豊、17歳の夏でした。そのアルバムに収められた曲は、全部で10曲。でも、レコーディングも終盤に入った9月の時点では、まだ9曲しか完成しておらず、この時点で「I LOVE YOU」は存在していませんでした。

尾崎豊は、16歳の時に、当時のCBSソニーが行なっていたオーディションを受け、優勝。デビューへの道筋が開けます。こうして、尾崎豊のデビューアルバムの曲作りがはじまりました。アルバムに収録される10曲中、9曲が完成。そして、残り1曲となった時、ディレクターの須藤さんは、こう言ったのです。「固めの曲が多いいので、でバラードが1曲欲しい」

じゃあ、こういうのは、どうでしょう?と歌ったのが、「I LVOE YOU」の出だしでした。それで行こうとGOサインがでると、翌日には、歌を完成させて来ました。こうして、最後の最後に出来上がったのが、この曲だったのです。

ところが、今では想像出来ない事ですが、ロック史上に残る名盤と言われる、尾崎豊のデビューアルバム「十七歳の地図」リリース当初は、無名の高校生という事もあり、初回プレスは、たったの1300枚。オリコンは最高60位。そのアルバムの一曲だった「I LOVE YOU」は、人々の耳に届かず、まだ日の目を見ていませんでした。

尾崎豊が注目を集めたのは、このアルバムリリースの翌年です。日比谷野外音楽堂でのライブイベントで、7メートルの高さの照明台から飛び降り、左足を骨折しながら歌い続けた事が、またたく間に伝説に。

こうして注目を集め始めた尾崎豊の曲、このI LOVE YOUも、その後、ドラマで主題歌として使われ、さらに、JR東海のファイトエキスプレスのCMソングに採用される事で、徐々に、知られていく事に。そして、1991年に、ついにシングル曲としてリリース。

曲が完成してから、シングルになるまで、8年の月日がたっていました。

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー