過去に同じ悩みを抱えた二人がタッグを組んだ!「こっちをお向きよソフィア」山下久美子&大澤誉志幸

61x1ofqycwl
「こっちをお向きよソフィア」山下久美子&大澤誉志幸
2013年3月20日リリース
山下久美子&大澤誉志幸のアルバム「& Friends」から

こののユニットが生まれたきっかけは、大澤さんからの電話でした。「久美子、そろそろ歌いたいんじゃないの?」しばらく音楽活動をお休みしていた山下久美子さんは、その電話がきっかけでライブにゲストで出て、大澤誉志幸さんの歌を歌ってみる事に。その時が、とてもいい感じだったので、今度は二人で歌ってみようということになり、アルバムを作る事に。

元々、山下久美子さんと大澤誉志幸さんは、古いお付き合い。

大澤さんはCloudy skyというバンドでデビューしたものの半年で解散し、アルバイトをしながら、他人の曲のコーラスをしたり、レコード会社にデモテープをもって売り込みに行ったりしていました。その時に声をかけたのが、山下久美子さんのスタッフ。

そして、初めて提供したのが、1981年リリースの「雨の日は家にいて」というアルバムに収録されている「ドント・ディレイ」という楽曲。

「こっちをお向きよソフィア」も1983年に、山下久美子8枚目のシングルとしてリリースされていますがこちらも、大澤誉志幸さん提供の楽曲です。

今回、一緒にアルバムを作る事になった2人は、実は、過去に同じ悩みを抱えていました。山下久美子さんは、1982年に「赤道小町ドキッ」が大ヒット。

そして大澤誉志幸さんは、1984年に「そして僕は途方に暮れる」が大ヒット。2人とも、そのヒット曲のイメージが植え付けられ、本来の自分自身と、人々に求められる自分たちの姿がどんどん離れていってしまい、悩んだ時期もあります。歌うのも楽しくなくなりました。

2人とも、あの頃は、違う自分がいたと言います。でも、今は一人の山下久美子、大澤誉志幸として歌える。だからこそ、今、あの頃の曲を一緒に歌ってみる事にしたのでした。

【カバー】

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー