自分の原点、子供の頃のカラオケを大事にする為、名曲をカバーする!「情熱」JUJU


「情熱」JUJU
2014年12月3日リリースのカバーアルバム「Request II」より

JUJUさんは、デビュー当時からオリジナル曲と同様にカバー曲を大切にし、現在までリリースしてきた27枚のシングル全てに、カバー楽曲を収録してきました。

彼女が歌を好きになったきっかけは、子供の頃に歌っていたカラオケ。だから誰かの曲を歌う事は、自分の原点であり、喜びでもあると語ります。

そこで、カバーアルバムをリリースするだけではなく、通常のツアーとは別に、カバー曲しか歌わないコンサートも、開催してきました。「カラオケ好きが集まるスナック」というコンセプトで行う、「JUJU苑」というライブ。

当初は、200人規模のライブハウスからスタートしたのですが、こちらも徐々に人気を呼び、2012年には武道館、2015年には、埼玉スーパーアリーナと年々規模は拡大してきました。

カバー曲だけのライブをやり始めたのは、お客さんとの距離感だと言います。

みんなの聞きたい曲を歌って、喜んでもらいたい。だから、その意思を示すように、2枚のカバーアルバムには、「Request」「Request Ⅱ」という、タイトルがつけられています。

JUJUさんは、18才でニューヨークに渡り、ジャズやR&Bを吸収する為、あちらにいる間は、日本人の友達と遊ばないという決まりを作っていました。だからニューヨークにいる時代、入って来る日本の情報は少なく、その時代のヒット曲も、すっぽりと抜けています。

だから、こうして今、カバーをする事で、自分の知らなかった名曲に出会えるから、毎回が勉強になると、語っています。

UAのカバー曲で「情熱」、この曲も、JUJUさんがニューヨークにいた、1996年のヒット曲です。

10月10日「JUJUの日」に、「JUJU苑」ライブを行う事が多かったのですが、2020年は、コロナ禍の為にオンライン無観客生配信で、行われました。

【カバー】

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー