コブクロ「風」生みの苦しみを味わった曲!

プロになって新たな生みの苦しみを味わった曲!
「風」コブクロ
2002年2月14日リリース

今から19年前。コブクロの二人は、大阪・堺東の「銀座通り商店街」の路上で出会いました。

サラリーマンをやりながら、土曜の夜に路上ライブをしていた小渕健太郎さん。その2年前から、同じ場所で路上ライブをしていた黒田俊介さん。

互いの歌を聴くうちに「歌、めっちゃうまいなあ」と感動し合い、話をするようになりました。そして、意気投合した二人は、一緒に音楽をやる事にします。小渕の「コブ」と黒田の「クロ」をとって、「コブクロ」が誕生しました。

二人で活動するようになると、評判が評判を呼び、商店街の路上ライブに、200人から300人の人が集まるようになりました。そして、アマチュアとしては異例の、ライブハウス「ZeppOsaka」での2days単独ライブを行うまでになります。こうして、大阪で人気をつかんだ二人は、メジャーデビューの切符を手にしたのでした。

2001年「YELL〜エール〜/Bell」で、メジャーデビューし、3枚のシングルを、ヒットさせました。

それまでの3枚は、路上ライブ時代から、すでに出来ていた曲だったのですが、4枚目は、これから新たに生み出す曲にしようという事に。しかし、リリース日は決定しているのに、いっこうに新たなメロディーが生まれてきません。二人は初めて、産みの苦しみを味わう事となったのです。

プロデューが心配して、「ストックしているフレーズとかないの?」と、いろいろフレーズを弾かせてみても、どれもピンと来ません。色々出し尽くしてフレーズが無くなり、小渕さんが、かなり初期の頃に作ったフレーズを弾いてみたところプロデューサーが「それだ!」と声をあげたのです。

それが「風」のサビのフレーズだったのです。そこから作り上げた曲を、試しにライブで歌ってみると、大反響。4枚目のシングルとしてリリースされると、ロングヒットを続けたのでした。

金沢でのライブの時、「風」の演奏中にギターの弦が切れ、ふたりはそのまま、最後のサビをアカペラで歌いました。そのアクシデントから生まれたライブが心地よかったと、サビでギター演奏を止め、あえて、アカペラで歌う演出が、生まれたのでした。

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー