中島美嘉ではなくNANAとして歌って欲しいと、何度もNGを出された!「GLAMOROUS SKY」NANA starring MIKA NAKASHIMA


「GLAMOROUS SKY」NANA starring MIKA NAKASHIMA
2005年8月31日リリース

ご存じ、中島美嘉さん主演の映画「NANA」の主題歌としてヒットした曲です。

「NANA」で主役を演じた中島美嘉さん。映画の中の「ナナ」が、何から何まで、自分とぴったりで、この役を演じる事に、運命を感じたそうです。

しかし、主題歌を歌う事は、思いのほか苦労をしました。主題歌の作詞は、このマンガの原作を書いた「矢沢あい」さん。作曲は、L’Arc〜en〜CielのHYDEさん。

レコーディングの時、中島美嘉さんは、いつものように感情を込めて歌ったのですが、何度もNGが出たのです。

本人としては、自分らしく歌ったつもりだったのですが、この曲は映画「NANA」の劇中で歌う歌。その為、映画の中のNANAとの統一感を出す為に、NANAを演じながら、歌う事を求められたのです。

この時は、何度かやり直して、無事レコーディングする事は出来ました。しかし、本来の中島美嘉とは、かけ離れているので、「NANA starring MIKA NAKASHIMA」という名前で、リリースする事になったのでした。

この曲は、リリースされると、2週連続1位を獲得するなど大ヒットしました。その為、歌番組のオファーも殺到したのですが、番組で、このシングル同じ、バンドバージョンを披露したのは、HYDEさんがギタリストとして参加した、「ミュージックステーション」のみ。

他は、全てアレンジを変えた、アコースティックバージョンで、歌いました。みんなが求めるのは、映画NANAの中の「GLAMOROUS SKY」でしたが、あの世界観を再現するのは、難しかったからです。

本来の中島美嘉ではなく、NANAを求められすぎる事で、この曲を封印しようかと思った事もありました。しかし、時がたち、休養したり、結婚したりして環境が変わった事で、心の中の、わだかまりが徐々に消えていきました。

2016年に袖ヶ浦で行われたフェス、氣志團万博では、大勢の観客の前でバンドバージョンで熱唱し、会場を大いに沸かせています。

映画「NANA」は、観客動員数300万人を越える大ヒット。ナナを中島美嘉さん、ハチを宮崎あおいさんが演じました。

【カバー】

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー