人を励ますため入院中の病室で歌った!「アメイジング・グレイス(Voice Recorder Version)」本田美奈子


「アメイジング・グレイス(Voice Recorder Version)」本田美奈子
2008年3月24日配信リリース

「1986年のマリリン」で、アイドル歌手として一世を風靡した本田美奈子さん。その後、その歌唱力を生かして、ミュージカル「ミス・サイゴン」のオーディションを受け、見事、1万2000人のなかから、ヒロイン役に選出されました。

1年半のロングラン公演をこなし、その歌唱力は高く評価されました。その後も多数のミュージカルで、主演を務める一方、クラシックへの志向を強め、ボーカリストとして、活動の幅を広げていきました。

全てが順風満帆と思えたのですが、2004年の12月下旬から、風邪のような症状がずっと続いていたため、血液検査を受けた所、結果、緊急入院という事態に。急性骨髄性白血病だと、診断されたのです。そこから、化学療法を用いた、壮絶な治療が始まります。

しかし、本人は必ず治すという、強い意志を持ち、闘病中でも、つねに明るく笑顔を振りまき、バンダナやパジャマも、明るい色を選び、おしゃれを楽しみました。

そんな中、本田美奈子さんの入院中に、「ミスサイゴン」の訳詞を担当した、岩谷時子さんが、骨折する事故があり、同じ病院に運び込まれてきました。

それを知ると、無菌室から出ることができなかった彼女は、岩谷さんを励ますため、ボイスレコーダーに、メッセージと共に、ア・カペラで歌を録音して、病室に届けてもらう事にしました。この録音は、全部で三十数曲にも上ったそうです。

そのボイスレコーダーに録音した最初の歌が、アメイジング・グレイスでした。

本田美奈子さんは、2005年11月6日、惜しまれつつも、この世を去りました。38歳の誕生日の前日に、一時退院を許された際にも、お世話になった医師や看護師のためにナースステーションでこの歌を歌っています。

その歌は、「Voice Recorder Version」として、2008年3月24日に配信リリースとなりました。

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー