売れない現実から自分達の弱点を見つめ直し、歌詞やサウンドを作り直しヒット!「Yes-No」オフコース


「Yes-No」オフコース
1980年6月21日リリース

デビューから、ずっと売れなかった時代を経験した小田和正さんは、どうやったらより多くの人達に「受け入れられるか」を考えるようになります。それは、単に「売れれば」というのと違い、どうやったら、多くの人の心に「ひっかかるか」というものでした。

まず、最初に見直したのは歌詞。それまでは、直接的な表現を避けた、叙情的な歌詞が多かったのですが、心に響くフレーズを大切にするようになりました。

世の中には、いい曲だけれど地味な曲って、たくさんあって、それは、歌詞がある一線を越えてないから、インパクトが無く、聞く人のアンテナには引っ掛からないと、考えました。

そこで「さよなら」では、出だしの歌詞は「もう、終わりだね」に。

この「Yes-No」では、「君を抱いていいの?」など実際に言われたら、ドキっとする言葉を大事にするようになりました。そしてそんな歌詞に、引き寄せられて、女性ファンが増えて行ったのです。

歌詞に色々な仕掛けをした一方で、音にもこだわっていきます。

ある日、ボズ・スキャッグスの『ミドル・マン』を聞いていると、あまりの音の良さに驚き、思わずジャケットをチェックすると、クレジットされていたのは、スティーリー・ダンなどのアルバムで、グラミー賞・最優秀録音賞を獲得した、レコーディングエンジニアのビル・シュネーの名前。

そこで彼に直接連絡を取り、この年から、オフコースは、最終的なミックスダウンを、アメリカのビル・シュネーの元で行う事に。

いい音楽を作っている自負は、あったものの、売れない現実から、自分達の弱点を見つめ直し、歌詞を変化させ、音に厚みを持たせたオフコース。

今日紹介する「Yes-No」は、シングルでは8位でしたが、収録されたアルバム「We are」は、アルバムチャートで、1位に。こうして、オフコースは、80年代の日本の音楽界に旋風を巻き起こして行ったのでした。

「Yes-No」 も収録され、沢山のこだわりがつまったアルバム『We are』は、第23回日本レコード大賞ベスト・アルバム賞に輝いています。

【カバー】

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー