帰郷した二人が、それぞれの同級生から同じような愚痴を聞かされ生まれた曲!「全力少年」スキマスイッチ


「全力少年」スキマスイッチ
2005年4月20日リリース

2003年7月、1stシングル「view」でデビューした、スキマスイッチは、続く、2004年3月には、セカンドシングル「奏」をリリースしロングヒット。その勢いのまま、6月にリリースした1stアルバム「夏雲ノイズ」は、初登場2位を記録します。彼らにとっては、好調すぎる滑り出しでした。

しかし、これは彼らにとって想定外の出来事だったのです。地道にライブをこなして、実績をつくっていき、サードアルバムぐらいで、世間に認知されるのが丁度いいと、自分達の将来を計画していたからです。

サードアルバムぐらいで出会った人は、そこから自分達の過去の歴史を遡って聴いてくれるので、新曲の方は、じっくり作る事が出来る。そんな計画だったのです。

ところが、4枚目のシングル「冬の口笛」が発売されると最高の6位を記録し、初めてTOP10入りを果たすヒット曲となりました。こうなると、さらに新曲への期待が高まり、曲作りに追われることに。

その年の年末、2人は忙しい時間を縫って、実家に帰る事にしました。そこで、次はどういう曲を作るべきなのか、じっくり考える事にしたのです。

2人は、地元で、久々に同級生と会ったのですが、それぞれの友達から同じような話しをされました。

同級生達はみんな、仕事で、責任のあるポジションとなっていたのですが、仕事の上では、色々なしがらみや、板挟みにあい、言いたい事も言えないし、やりたい事も出来ずにいる。若い頃のように、勢いで突っ走る事が出来なくなったというのです。

そこで、2人はこの事を歌にする事にしました。スキマスイッチのシングルとしては、初めて恋愛以外の事をテーマにして歌を作ることにしたのです。

厳しい言葉を並べて、聴いてくれる人、叱咤激励しながらも、前向きになれるように、曲調はポップにしました。こうして、同世代を中心とした人達に向けてのエールが込められた、5枚目のシングル「全力少年」が、完成したのでした。

この曲は、スキマスイッチにとって名刺代わりの曲になった一方で、これを越える曲を書かなければいけないという、自分達にとっての、一つのハードルにもなったそうです。

【カバー】

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー